時差ぼけ解消薬

時差ぼけ解消薬の最新事情

時差ぼけの解消薬を探していますか?

 

時差ぼけや睡眠障害の改善には、いろんな薬やサプリメントが出ていますが、中でもおすすめは(睡眠障害改善) スリープスタータ―パッチです。

 

 

スリープスタータ―パッチは、パッチ型のサプリメントで、肌に貼ることで成分を吸収させます。

 

水なしで服用できるので、帰国してすぐの空港内や移動中、もちろん飛行機の中でも大丈夫。

 

肌から吸収される薬には、飲むタイプより吸収率が良いというメリットもあります。

 

時差ぼけに悩ませれずに活動したい人にピッタリのサプリメントなんですね。

 

時差ぼけ解消薬,時差ボケ

 

 

スリープスターターってどんなサプリ?

スリープスターターは、Patch MD社の睡眠サプリメントです。

 

夜型の生活を朝型に戻したいとか、時差ボケを解消したいなど、睡眠障害による悩みを抱えている方におすすめのサプリメントです。

 

日本ではまだ珍しい貼るタイプのパッチ型サプリメントで、眠りの質を向上させ、快適な眠りをサポートします。

 

スリープスターターは、ホップ花エキス、バレリアン根エキスなど古くから不眠に用いられてきた天然ハーブエキスの他、入眠をサポートして眠りの質を向上させるといわれているマグネシウムや、「睡眠ホルモン」とも呼ばれるメラトニン、セロトニンの前駆物質である5-HTP(5-ヒドロキシトリプトファン)などを配合し、質の高い睡眠をケアしてくれます。

 

天然成分配合のスリープスターターは、不眠をケアしてすばやく入眠を促して質の高い睡眠へと導きます。

 

使用方法は、1日1パッチを貼るだけ。

 

配合成分肌から吸収され、入眠を促して質の高い睡眠をサポートします。

 

飲むタイプと比べ、配合成分の吸収がより良好といわれています。

 

1枚のパッチは8時間使用することが推奨されています。
これにより効果は8時間程度持続すると考えていいでしょう。

 

スリープスターターの副作用はとくに報告されていません。
やる人はいないと思いますが、顔や頭にははらないでくださいね^^;

 

 

貼るパッチ式サプリについて

なにかと大変。働く女性の体調管理。
時差ぼけ解消薬,時差ボケ
昨夜も食事会で帰宅は12時…。

 

あんまり弱音なんて吐きたくはないけれど、
やっぱり女性が社会で頑張るって、本当に大変です。

 

仕事そのものが過酷だ、というのももちろんあるのだけれど、
どちらかというと、
その仕事に付随してくる人間関係や業務後のお付き合いなどの負担が想像以上…。

 

 

わたしの場合、食事会や飲み会が一つ入っただけでも、すぐに生活リズムが大乱調。
アルコール、もしくは夜遅めの食事のせいなのか、眠りは浅く疲れはとれず、ニキビがすぐできて体重増加。

 

もう、最悪…。

 

こんな生活が続くようになってからは、
いつものPMS(月経前症候群)も倍々ゲームで重さを増しているような気がします。

 

本当は家に帰って早く休みたい。
とはいえ、なかなかむげには出来ない雰囲気。
同僚の女性も頑張っているしね。

 

そこで、せめて短い時間でも“睡眠の質”を上げて、疲れを取りたいって思いました。

 

今日は、その際に調べたことなどを書いてみたいと思います。

 

 

貼るだけで効くなら続けられる。

 

睡眠を改善したい、とはいっても、
いきなり睡眠薬をというのは非常に抵抗がありました。

 

なんとなくマイナスなイメージがあったし、
ただでさえ弱っている胃を痛めそうなのも嫌でしたし。

 

そこで、みつけたのが、パッチ型と呼ばれる貼るサプリ。

 

ここだけの話、私自身実は、5年前くらいに貼るだけの禁煙パッチで禁煙したことがあり、
その時の成功体験が今も記憶に残っていたので、試してみることにしたのです。

 

その貼るサプリの名は、パッチMDという会社のスリープスタータ―30パッチ。

 

これが、まさに大正解でした。

 

忙しい毎日でも、夕方あたりに会社のトイレで貼るだけなので、
飲むサプリにくらべ目立たないし、飲み忘れることもありません。
すぐに、ゆっくり眠れるようになったのです。

 

 

えっ!ニキビ予防も生理痛ケアも貼るだけ?

 

そのあまりの使い勝手の良さに、貼るサプリにはまってしまった私。
さらに調べてみると、驚愕の事実が!!

 

この貼るだけサプリ。
なんと、すでにいろいろなタイプが出ており、シリーズ化していたのです!

 

たとえば、二日酔い予防、月経前症候群ケア、ダイエット、ニキビ予防などなど、すべてが貼るだけタイプ。
しかも、飲むタイプよりも肌に貼るタイプのほうが、成分吸収の効率が良いらしいです。

 

ちなみに、今出ているのはこの種類

 

  • 睡眠ケア
  • ダイエット
  • 二日酔い
  • アンチエイジング
  • ニキビ予防
  • 月経前症
  • PMSケア
  • 更年期ケア

などなど、

 

これ全てが貼るだけタイプです。
しかも、これすべて女性にとって嬉しいものばかりなのです。

 

ちょっと毎日がキツイな〜って思っている方がいらっしゃいましたら、ぜひ、一度、試してみて下さいね!

 

 

時差ぼけ解消薬※最新は肌貼るタイプのパッチ式!水不要でどこでも飲めます。
時差ボケ解消のための薬・サプリメントのご紹介。

 

 

時差ボケ解消法いろいろ

【目次】

  • 体操界 外国人選手の時差ボケ解消法インタビュー
  • できるだけ早く時差ぼけを治すための方法
  • 時差ぼけ解消は機内から

 

外国選手の時差ぼけ解消法

時差ぼけ解消薬,時差ボケ

 

私は時差ボケを経験している人がどのように解決しているのか気になったため、ある体操の練習場でたくさん時差ボケの経験をしている外国人選手と外国出身で日本人選手、二人の選手に時差ぼけ解消法について話を聞きました。

 

その話を紹介したいと思います。

 

 

まずは外国選手に、どのように時差ボケを解消しているのか聞きました。

 

その質問に対して、「私の時差ぼけ解消法はとにかく汗をかくことです。」と答えました。

 

 

私が、「なぜ汗をかくことが必要なの?」と思い、疑問について質問してみると「眠いからといって、朝なのに寝たりして動かないでじっとしていると時差ボケが長引いてしまうから、汗をかくことで少しでも早く生活習慣を取り込むためです。」と答えてくれました。

 

その答えを聞いて、動いて汗をかいた方がより早く解消することが分かりました。

 

 

また、外国出身の日本人選手に時差ぼけ解消法の質問をしたら、今度は外国人選手とは違う答えが返ってきました。

 

質問に対してその選手は、「私は、時差がかなりある国から戻ってくるため、時差を計算して、飛行機に乗る時間を考えています。

 

理由は、時差を考えて乗ることで解消するのにも、そんなに時間がかからないからです。」との事でした。

 

 

この選手の話を聞いて、時差がかなりある国に行く場合、時差ぼけを計算して

 

飛行機に乗ることも時差ぼけ解消法の一つだと思いました。

 

 

二人の選手に話を聞いて、時差ぼけ解消法は一つではないことや、自分にあった解消法で「時差ぼけ」を解消していることも分かりました。

 

もしも私が海外に行く場合は、飛行機の時間で調整する方法でチャレンジしたいと思います。

 

運動が苦手な物ですから。

 

 

 

できるだけ早く時差ぼけを治すための方法

時差ぼけ解消薬,時差ボケ

 

海外に行ったときにも、日本に帰ってきたときにも、つらいのは時差ぼけですよね。

 

長い人だと一ヶ月は苦しむといわれています。そこで、時差ぼけ解消方法についてまとめました。

 

こんな症状は、時差ボケのサインです。頭がボ−っとしたり、頭痛がする。集中力がない。眠気があったり、夜眠れない。

 

食欲不振、めまいやイライラ、全身のだるさ。時差ボケが原因で、思うように生活できなくなってしまいます。
では、できるだけ早く時差ぼけを治すための方法を見てみましょう。

 

太陽の光を浴びる。これは、私たちに自然に備わっている力を利用したものです。朝日を浴びると体内時計がリセットされ、一日の始まりを感じることができます。

 

規則正しい食字も大切。朝、昼、夜と、決めた時間に食べるようにします。お腹が空いていなくても、少しだけでも、食べるふりでもよいので食事をしましょう。これが、身体のリズムを整えます。

 

 

おもしろいことに、外交的な人は時差ぼけになりにくいといわれています。それは、外に出て人と話したり街の空気を感じることで、身体が社会に慣れていくから。

 

ここから考えると、一人家にこもっているより、外でだれかと食字でもするほうが、早く体が慣れてくれるといえそうです。

 

先ほどから、身体が慣れるという言葉が出てきます。これこそが、時差ぼけを早く治すポイント。頭が時差を理解するだけでは、時差ぼけは治せません。時差があることを、身体に覚えてもらうことが大切なのです。

 

 

だからといって、無理はしないでくださいね。早く治さなくてはと焦らず、リラックスしていきましょう。一日の流れに、自然に身体が溶け込むようにしたいものですね。

 

 

時差ぼけ解消は機内から

時差ぼけ解消薬,時差ボケ

 

楽しいはずの旅行が、成果を上げるはずの仕事が、時差ボケで台無しに。そんなことになる前に、時差ぼけについて知っておきましょう。フライト中にできる時差ぼけ解消法をご紹介します。

 

 

そもそも時差ぼけとは何でしょうか。時差が大きな場所へ、飛行機で飛んでいったときに起こるのが時差ぼけです。例えば朝日本を発って、現地に着くのが日本時間の夜だったとします。

 

現地に降り立ったとき身体は睡眠モードになるのに、現地が朝だったら寝ている場合ではありませんよね。

 

いつもの体内時計のリズムと現地の時間がかみ合わないことで、不調を引き起こすのが時差ぼけというわけです。

 

 

時差ぼけになりにくくするために、機内で準備をしておきます。まず飛行機に乗ったら、時計を現地時間に合わせましょう。それを見ながら過ごすことで、現地の時間の感覚をつかみます。

 

次に、食字。機内では、現地時間に合わせて食事が出されます。このとき食べておくことで、現地時間のリズムに身体をならすことができます。

 

 

ただし、無理して食べ過ぎないように注意しましょう。旅のストレスや時差で体調を崩すことも考えられるので、食べたいだけにとどめておくことが大切です。

 

そして、肝心なのは眠りです。現地に着くのが朝なら、旅の終わりに。現地に着くのが夜なら旅の始めに眠るようにします。

 

 

とはいっても、機内の証明や音、周囲の人が気になって眠れないということもあるでしょう。アイマスクや耳栓や枕などを持っていくと安心です。

 

飛行機に乗ったら、現地の時間に合わせて過ごす。これが、時差ボケを解消するために大事なことなのです。

 

 

 

↑ PAGE TOP